共有ドメインのメールアドレスを利用する

共有ドメインのメールアドレスとは、
エキスパで自動的に割り当てられる共有ドメインで作成できるメールアドレスです。
ドメインは固定になりますが、アドレスの左側(ユーザー名)を自由に作成できます。
SPF・DKIM設定 設定済み
ドメイン 共有ドメイン
到達率
メリット ・無料
・ユーザー名(メールアドレスの左側)を自由に作成できる
・エキスパWEB機能でも、メールの送受信が可能
デメリット ・共有ドメインのため、高い到達率を維持することができない
・到達率が著しく落ちた場合は、ドメインの変更を行うことがある
 ⇒読者さまが、ドメインで受信設定をしている場合は、その設定条件から外れる
送信者メールアドレスは、「エキスパ専用メールアドレス」の使用を強く推奨しております。
専用メールアドレスで、読者さまへ有益な情報を配信することで、高い到達率を維持することができます。

共有ドメインのメールアドレスの作成手順

  1. メール配信画面にて、「メールアドレス管理」をクリックします。
  2. 共有ドメイン欄の「メールアドレスを新規作成」をクリックします。
  3. 必要事項を入力後、「作成する」をクリックします。
    1. メールアドレス ドメインはプルダウンで表示されるドメインの中から選択してください。
      ※今回はjapan-ex.jpを選択しました。
      ステータス 「使用中」でメールアドレスが有効になり、外部メーラーでも、このメールアドレスが使用できます。
      パスワード 外部メーラーでの、送受信設定で必要なパスワードとなります。
      転送先メールアドレス 該当アドレス(現在作成しているアドレス)宛てへの「受診メール」が、
      この欄へ入力したメールアドレスへ転送されます。
  4. メールアドレスの作成が完了しました。
    ※1設定 設定画面へ移ります。メールアドレス以外の情報を編集できます。
    ※2接続情報 このメールアドレスの接続情報を取得できます。
    メーラーで、このアドレスの送受信設定をしたい場合に確認してください。

    メールアドレスを作成した時点でWEBメール機能で、メールの送受信が可能となります。

    これで、作成したメールアドレスが、

    メルマガ作成時の「送信者設定欄」にプルダウン表示されます。

    送信者メールアドレスは、「エキスパ専用メールアドレス」の使用を強く推奨しております。
    専用メールアドレスで、読者さまへ有益な情報を配信することで、高い到達率を維持することができます。
  5. 以上が、共有ドメインのメールアドレスの作成手順です。