これでバッチリ!配信の王道設定

このぺージでは、ステップ配信のあとに、日刊的な時事の配信をおこなう
「自動配信」と「手動配信」の混合設定の手順について解説いたします。

「ステップ配信が完了するまで日刊配信は送りたくない」などの場合に最適な設定方法です。

実際の運用イメージ           

実際に読者さんがフォームから登録があった際の動きがこのようなイメージになります。

 

 

ステップ完了後、自動で時事配信へ切り替える手順

設定はおおきく4つにわかれます。順番どおりに進むとスムーズに作成できます。

  1. セグメントの作成

    「ステップ配信用のセグメント」「日刊配信用のセグメント」を作成します。

    ・セグメント名は、管理しやすい名前をつけてください。
    ・セグメント条件は「シンプル」で設定すると簡単に設定が済みます
     詳細はこちら → 「セグメントの新規作成
  2. 登録フォーム(またはLINE友だち追加)用のタグを作成
    流入経路用としてフォームタグを作成します。

    ・タググループ名は「流入経路」など、わかりやすい名前をつけてください。
    ・ご自身が所有の媒体ごとにタグを作成してください。(SNS、ブログ、HPなど)
     詳細はこちら →「タグ管理
  3. 登録フォーム(またはLINE友だち追加)の作成
    「○○講座」登録用のフォーム(またはLINE友だち追加)を作成します。

    ・登録セグメントは「ステップ配信用セグメント」を設定してください。
    ・追加タグは、2で作成したタグを、フォームを設置する媒体に合わせて使用してください。
     詳細はこちら → 「新規登録フォーム作成」「新規LINE友だち追加作成
  4. 「ステップ配信用のセグメント」でステップ作成

    「登録完了時」~「登録完了から〇日後」など、任意の数でステップを作成します。

     

    ・一番最後に配信するステップで、配信アクション「セグメント登録」を使用します。
     「日刊配信のセグメント」を指定してください。

     このステップが配信された読者は、「日刊配信用のセグメント」へ自動で読者登録されます。
    詳細はこちら → 「ステップの配信条件について」「ステップ配信(新規作成)
             「配信アクション
  5. 設定は以上です。

これで読者登録からステップ配信、日刊用のセグメントへの登録までが全て自動化され、
「ステップ配信完了した読者にだけ、日刊配信が送れる」という状態になります。

あとは「日刊配信用のセグメント」で、時事配信をおこなってください。

新規配信についてはこちら → 「一括配信(新規配信)

検索ワード / #ステップ配信完了後日刊自動配信 #ステップ配信完了後自動配信