【設定1】MessagingAPIの開始手順

設定場所:LINE公式アカウント

エキスパとLINEを連携させるために必要な
「MessagingAPIの開始方法」と「プロバイダの作成方法」についてご説明いたします。

1. MessagingAPIの利用開始手順

【準備2】から進んできた方は、「6」から進めてください。
  1. LINEマネージャーにアクセスし「ログイン」をクリック。
    https://www.linebiz.com/jp/
  2. 「管理画面にログイン」をクリック。
  3. 「ビジネスアカウントでログイン」をクリック。
  4. LINEビジネスID情報を入力し、「ログイン」をクリック。
    ※1 LINEビジネスID 作成したLINEビジネスID情報を入力してください。
    ※2 自動ログイン チェックを入れると次回から自動でログインできます。
  5. アカウントリストより「LINE公式アカウント名」をクリック。
  6. 「設定」をクリック。
  7. 「Messaging API」をクリック。

  8. 「Messaging APIを利用する」をクリック。
  9. LINEデベロッパーに登録する情報を入力し、「同意する」をクリック(初回のみ)
    ※1 名前 LINE Developersに登録する開発者の名前を入力してください。
    (公開されません)
    ※2 メールアドレス

    メールアドレスを入力してください。(公開されません)

  10. 「OK」をクリック。
  11. プロバイダー名を入力し、「同意する」をクリック。
  12. 内容を確認して「OK」をクリック。

    プライバシーポリシーや利用規約がある場合はURLを入力してください。
    あとから変更も可能です。
  13. 内容を確認して「OK」をクリック。

  14. ステータス利用中が表示されたら、プロバイダの作成完了です。
    ※1 ステータス 「利用中」となっているのをご確認ください。
  15. 以上が、プロバイダ作成の操作手順です。
続けて次の設定に進む場合は、上記の画面を開いた状態でお進みください。

LINE連携完了までのロードマップ        

【準備1】  LINEビジネスIDの作成     
【準備2】  LINE公式アカウントの作成
【設定1】  MessagingAPIの開始手順
【設定2】  Channel Secretの取得     次はこちらにお進みください
【設定3】  チャネルアクセストークンの取得
【設定4】  ウェブフックURLの登録
【設定5】   LINEログインチャネルの作成
【設定6】  チャネルID / シークレットの取得
【設定7】  API情報、LINEログイン情報の登録
【設定8】  コールバックURLの設定
【設定9】  LINEログインチャネルの公開設定
【設定10】  ボットのリンク設定
【テスト】   LINE登録URLの送信、登録テスト
【任意】  あいさつメッセージ、応答メッセージの変更 

検索ワード / #メッセージングAPI #LINE管理画面ログイン #管理画面ログイン