LINE設定(手動)

このページでは、LINEと連携をするための必要な
「LINE設定」を手動でおこなう手順についてご説明いたします。
LINE連携は「顧客データベース」単位となります。
ひとつの顧客DBに対して、ひとつのLINE公式アカウント情報を紐つけることができます。
LINE設定がすでに完了している状態で、改めて「かんたん設定」をおこなうと、
新規でLINE公式アカウントが作成され、顧客DBとの紐付けが上書きされます。

LINE設定完了後に、公開内容の変更をしたい場合はこちらをご確認ください。
→ 「LINE設定内容の変更方法

 LINE連携完了までのロードマップ

「LINEビジネスアカウントのログイン情報」が必要になります。
→ 
LINEビジネスIDの作成手順

【設定1】 LINE公式アカウントの作成

 設定場所:LINEマネージャー
【LINE公式アカウント】を作成します。→ LINE公式アカウントの作成

【設定2】 MessagingAPIの開始手順

設定場所:LINE公式アカウント
【APIの利用を開始 / プロバイダの作成】をします。→ MessagingAPIの開始手順

【設定3】 Channel Secretの取得

取得場所:LINE公式アカウント
【Channel secret】を取得します。→ Channel Secretの取得

【設定4】 チャネルアクセストークンの取得

取得場所:LINEデベロッパー
【チャンネルアクセストークン】を取得します。→ チャネルアクセストークンの取得

【設定5】LINEログインチャネルの作成

確認場所:LINEデベロッパー
【LINEログイン用のチャネル】を作成します。→ LINEログインチャネルの作成

【設定6】チャネルID / シークレットの取得

確認場所:LINEデベロッパー
【LINEログイン用の チャネルID / チャネルシークレット】を取得します。
→ チャネルID / シークレットの取得

【設定7】API情報、LINEログイン情報の登録

確認場所:エキスパ
【API情報の登録】【LINEログイン情報の登録】をおこないます。
→ API情報、LINEログイン情報の登録

【設定8】ウェブフックURLの登録

設定場所:LINEデベロッパー
【ウェブフックURL】を登録します。→ ウェブフックURLの登録

【設定9】コールバックURLの設定

確認場所:LINEデベロッパー
【コールバックURL】を設定します。→ コールバックURLの設定

【設定10】LINEログインチャネルの公開設定

確認場所:LINEデベロッパー
LINEログインチャネルを【公開】設定します。→ LINEログインチャネルの公開設定

【設定11】ボットのリンク設定

確認場所:LINEデベロッパー
【ボットリンク】を設定します。→ ボットのリンク設定

【テスト】LINE登録URLの送信、登録テスト

確認場所:LINEデベロッパー
設定に誤りがないかのテストをおこないます。→ LINE登録URLの送信、登録テスト

【任意】あいさつメッセージ、応答メッセージの変更

確認場所:LINE公式アカウント
LINE側の初期設定では、あいさつメッセージ、応答メッセージ共に「オン」の状態になっています。
必要に応じて、設定の変更をおこなってください。
→ あいさつメッセージ、応答メッセージの変更

LINE登録フォームの設定

LINE連携設定が完了すると、
新規登録用として使用できる「LINE登録フォーム」が生成されます。
自動生成後、必要な詳細設定をおこなってください。
→ LINE登録フォーム

以上が、エキスパとLINEを連携する設定手順となります。