トリプル配信の概要

トリプル配信では、「顧客データベース」という枠のなかで、
顧客管理、マガジン管理、フォーム管理を行うことができます。

構成に関しては、大きくわけて以下に分かれています。

・トリプル配信    :顧客データベースを管理する場所
 ・顧客データベース :顧客、マガジン、フォーム、を管理する場所
  ・マガジン    :各種配信(メール、LINE、ショートメール)管理をする場所
  ・フォーム    :顧客データベースの入口

トリプル配信全体

トリプル配信全体のイメージはこのような構成になっています。

 

商品(サービス)のプロモーション毎、または事業毎で、顧客データベースを作成/管理できます。
(複数作成が可能)

顧客データベース

顧客データベースの中で、顧客リスト管理と、マガジン、フォームの作成/管理ができます。
※マガジン、フォームは複数作成が可能

 

顧客データベース毎で登録リストの管理ができます。登録されたリストを「顧客」と呼びます。

 

顧客リスト内で、顧客に関する詳細データが保存されます。
顧客はタグ(ラベル)をつけて管理ができます。

タグによる「絞り込み」で、属性を絞った読者管理や、特定の読者への配信が可能となります。
詳細はこちらをご確認ください。 → タグの活用について

マガジン

顧客データベースの中で、マガジンを作成/管理できます。(複数作成が可能)
顧客情報から絞り込んでマガジンに登録されたリストを「読者(=配信対象)」と呼びます。

絞り込みタグ条件を設定するだけで、簡単に属性が絞られたマガジンが作成できます。
詳細はこちらをご確認ください。 → タグの活用について

 

マガジンで各種配信が可能です。配信方法、配信チャネルを組み合わせて配信が可能です。

 

このようなシナリオも「自動化」ができます。

フォーム

顧客データベースの中で、フォームを作成/管理できます。(複数作成が可能)
フォームから登録があると、指定マガジンの読者となり、同時に顧客リストとして管理されます。

 

フォームは複数のマガジンと連携することができます。

登録マガジンの指定ができ、そのマガジンで指定しているタグが登録者に自動追加されます。
詳細はこちらをご確認ください。 → タグの活用について

顧客 と 読者 の違いについて

顧客 :顧客データベースに登録されたすべてのリスト
読者 :顧客情報を参照して、マガジンに反映された「配信対象」となります。

「顧客一覧」からも「読者一覧」からも、リストの詳細は確認できますが、
どちらから確認をしても、元データとなる「顧客リスト」のデータを見ることになります。
※顧客リストでデータを保管している為

 

顧客情報を変更すると、マガジンの絞り込み条件によって読者登録状況も変わります。

 

顧客情報を削除すると、読者情報からも削除されます。

 

マガジン設定のタグを変更すると、読者登録状況も変わります。

 
マガジンを削除しても、顧客情報は残ります。
 
検索ワード / #トリプル配信全体図 #トリプル配信イメージ #トリプル配信全体イメージ #顧客読者違い