トリプル配信のしくみ

トリプル配信とは、「メール」「LINE」「ショートメール」を組み合わせ、
「届かない」「読まれない」を解決する配信ツールです。

通常の配信とトリプル配信の違い

通常の配信システムとトリプル配信のしくみを比較し、違いを理解しましょう。

通常のメール配信

各配信方法が独立しており、配信方法ごとで読者情報の管理
⇒ ・誰に、どの配信方法を使用したか等は、各機能で確認が必要
  ・読者管理が機能別なので、他の配信方法で使用できない
   例)メールで反応ないから、LINEを送る 等ができない

 

トリプル配信

プロジェクト内でユーザー情報を一括管理、各配信方法を自由に活用できる
⇒ ・誰に、どの配信方法で、どのような内容を配信したかが、簡単に確認できる
  ・読者の状況にあわせて、各配信方法を自由に活用できる
   例)メールで反応ないから、LINEを送る 等ができる
プロジェクト
・イメージは「会社」 
プロジェクトの中で、メルマガやユーザー(読者)管理など、ほとんどの作業が可能となる
・プロジェクトは複数作成が可能
・プロジェクト間での、ユーザー(読者)情報の共有はできない

メルマガ
・イメージは「部署」または「作業スペース」
メルマガの中で、各種配信を行ったり、読者管理が可能となる
・メルマガは複数作成が可能
・メルマガ間での、読者情報の共有が簡単にできる

フォーム
・イメージは「入り口」
フォームから登録があると、連携しているメルマガに読者情報として保存される
・フォームはどのメルマガにも連携できる

「ユーザー」と「読者」の違い
・ユーザー

 プロジェクトに登録された方はすべて「ユーザー」と呼称しております。
・読者
 ユーザーの中でメルマガに登録された方は「読者」と呼称しております。

 ※「プロジェクトには登録があるが、どのメルマガにも登録がない」
   というユーザーも存在するため、このような呼び分けをしております。

検索ワード / #トリプル配信とは