トリプル配信のしくみ

トリプル配信とは、「メール」「LINE」「ショートメール」を組み合わせ、
「届かない」「読まれない」を解決する配信ツールです。

通常の配信とトリプル配信の違い

通常の配信システムとトリプル配信のしくみを比較し、違いを理解しましょう。

通常のメール配信

各配信方法が独立しており、配信方法ごとで読者情報の管理
⇒ ・誰に、どの配信方法を使用したか等は、各機能で確認が必要
  ・読者管理が機能別なので、他の配信方法で使用できない
   例)メールで反応ないから、LINEを送る 等ができない

トリプル配信

顧客データベース内でユーザー情報を一括管理、各配信方法を自由に活用できる
⇒ ・誰に、どの配信方法で、どのような内容を配信したかが、簡単に確認できる
  ・読者の状況にあわせて、各配信方法を自由に活用できる
   例)メールで反応ないから、LINEを送る 等ができる
顧客データベース
顧客データベースの中で、マガジン、フォーム、ユーザー管理ができる
・顧客データベースは複数作成が可能
・顧客データベース間での、ユーザー情報の共有はできない
 ※CSVダウンロードして、リスト移動は可能

マガジン
マガジンの中で、各種配信を行ったり、読者管理が可能となる
・マガジンは複数作成が可能
・マガジン間での、読者情報の共有が簡単にできる

フォーム
フォームから登録があると、顧客データベースにユーザー登録され、
 連携しているマガジンに読者情報として保存される

・フォームはどのマガジンにも連携できる(複数のマガジンに連携も可能)