到達率が下がる原因

メール配信の際、到達率が下がる原因をご説明いたします。
到達率が下がる原因は、この記事でご説明しているものが全てではありませんので、その点ご注意ください。

ネガティブ判定を受ける

読者が必要でないメルマガと感じた場合、読者はネガティブな行動を取ります。

【ネガティブな行動】
・迷惑メールボタンのクリック
・迷惑メール通報        など

ネガティブな行動とられると、メールの到達率低下につながります。
ネガティブな行動を取られないためにも、メールの内容は、読者が必要としている情報発信をお願いします。

 

許可のとれてないメールアドレスへの送信

メルマガを配信される場合、特定電子メール法で定められている【オプトイン】が必要です。
特定電子メール法

オプトインの取れていない読者に配信すると、読者がネガティブな行動を取り、メールの到達率が低下します。
そのため、メルマガを配信される際は、必ず、オプトインを取ってください。

※オプトインとは、読者に対し事前にメール配信許可を得ることです。

 

読者リストの一括登録

エキスパでは、自社サーバーを複数所持しており、「様子見のサーバー」「通常サーバー」「到達率の高いサーバー」など、読者毎にサーバーを分けています。
読者一括登録されたリストに対しては、様子見のサーバーから、配信をします。
そのため、読者一括登録後のリストに対しては、到達率が低下する可能性があります。
また、配信の際のサーバーは、読者のポジティブなアクションがあると、通常サーバー、到達率が高いサーバーへと移行されていきます。

【ポジティブなアクション】
・メールを開く
・メール内のURLをクリックする
・メール滞在時間が長い      など

登録されたばかりのリストを、特別に到達率の高いサーバーに登録することはできないので、定期的な配信を続け、読者がポジティブなアクションを起こすようなメール配信をお願いします。

 

購入リストを登録

購入したリストに対してメールを配信すると、読者から迷惑メールボタンをクリックされたり、迷惑メール通報される可能性が非常に高いです。
読者からのネガティブな行動の蓄積により、メールサーバの受信拒否やスパム判定を受ける可能性も高くなり、結果的に到達率が下がります。
また、購入したリストにトラップメールアドレスがあり、そのメールアドレスに配信を行った場合、特定電子メール法違反とみなされ、警告を受けます。
なお、エキスパでは、購入したリストに対しての配信は、禁止となっております。
購入したリストを読者登録し配信していた場合には、告知をせず、エキスパアカウントの停止措置、剥奪の処理をします。

 

送信者メールアドレスを変更

現在、Gmailでは読者と配信者との関係性を、最重要視しています。
Gmailはドメインやサーバー、配信内容、メールの展開時間などもチェックしていますが、弊社が調査した結果、Gmailは読者と配信者の関係性を最重要視していると確認できました。
そのため、送信者メールアドレスを変更すると、読者と配信者の紐づけができず、到達率が下がる可能性があります。

※「読者と配信者の関係性」とは、配信されたメールが読者にとって読みたいメールか、否かということです。

 

また、送信者メールアドレスを変更すると、読者が指定受信フィルタを設定していた場合、新しいメールアドレスの指定受信フィルタが外れてしまい、メールが受信できない可能性があります。
そのため、送信者アドレスは変更せず配信することを推奨します。

 

3カ月以上配信していない読者への配信

メールを3ヵ月以上配信していない読者に対し、急にメルマガを配信されることは控えてください。
一定期間メールを受け取っていない読者は、メルマガ登録したことを忘れている可能性があり、迷惑メールボタンのクリックなど、ネガティブな行動を起こします。
そのため、メール配信は、毎日ではなくとも定期的な配信をお願いたします。

 

不審なサイトへの誘導

メール文章内で、不信なサイトへの誘導をすると、特定電子メール法へ違反することとなります。
そのため、配信者のエキスパアカウント利用制限、およびエキスパアカウントの剥奪の処理をする可能性があります。
また、不審なサイトのURLドメインがスパム判定を受けている可能性があり、読者から、ネガティブな行動をとられる、読者側のサーバーで削除される可能性があるので、不審なサイトへの誘導は禁止としています。