フォームのカスタマイズ方法

作成したフォームでは、以下のカスタマイズをおこなうことができます。

・フォームページに説明文を入れる
・フォームページにコンバージョンタグを入れる
・HTMLやCSSでフォームページをカスタマイズする
・フォーム入力後に外部ページへ転送設定をする

以下に、フォームのカスタマイズ方法の詳細についてご説明いたします。

フォームページに説明文を入れる方法

今回は、例として、フォームページのタイトル部分の下の位置に説明文を入れる方法についてご説明いたします。
今回の例では入力ページに説明文を設定する方法をご説明いたしますが、編集画面上では以下の4種類のページに設定を行うことができます。

・入力ページ:フォーム登録を行う際に表示されるページになります。
・登録完了ページ:フォーム登録完了後に表示されるページになります。
・解除完了ページ:フォームから解除申請後に表示されるページになります。
・エラーページ:フォームからの登録及び解除時にエラー発生時に表示されるページになります。

例)設定前

例)設定後

フォームページに説明文を入れる手順

  1. フォーム一覧の画面が表示されますので、設定を行いたいフォームのタイトルをクリックしてください。
  2. フォームの編集画面が表示されますので、「ページ」ボタンをクリックしてください。
    1. メルマガと連携して配信する場合

    2. メルマガと連携しないで配信する場合

  3. フォームの編集画面が表示されます。こちらで説明文の設定を行います。
  4. 「説明文/追加タグ」の欄に表示させたい説明文を入力してください。
    1. 今回の例での編集内容

    2. 説明文/追加タグ 「入力ページの説明文になります。」と記述。
  5. 入力作業が完了しましたら、「設定する」ボタンをクリックしてください。
  6. 設定が完了したことを示す画面が表示されますので、設定内容を確認するためにフォームURLをクリックしてください。
  7.  入力ページに説明文が表示されていることを確認してください。
  8. 以上が、フォームページに説明文を入れる手順です。

説明文の表示例

「入力ページ」、「登録完了ページ」、「解除完了ページ」、「エラーページ」のそれぞれの説明文の表示例は以下のようになります。

入力ページの説明文表示例

 

登録完了ページの説明文表示例

 

解除完了ページの説明文表示例

 

エラーページの説明文表示例

 

フォームページにコンバージョンタグを入れる方法

【登録完了ページ】にコンバージョンタグを設置することが可能です。
これにより、設置したフォームからの登録数を計測することが可能になります。
  1. フォーム一覧の画面が表示されますので、設定を行いたいフォームのタイトルをクリックしてください。
  2. フォームの編集画面が表示されますので、「ページ」ボタンをクリックしてください。
    1. メルマガと連携して配信する場合

    2. メルマガと連携しないで配信する場合

  3. フォームの編集画面が表示されますので、こちらで登録完了ページにコンバージョンタグの設定を行います。
  4. 「説明文/追加タグ」の欄に設定したいコンバージョンタグを入力してください。
  5. 入力作業が完了しましたら、「設定する」ボタンをクリックしてください。
  6. 設定が完了したことを示す画面が表示されます。
    1. この設定により、このフォームから登録が完了した際にコンバージョンタグを発行したサービスに記録が反映されるようになります。
    2. 登録完了ページを、オリジナルのページにする場合のコンバージョンタグ設置について

      この場合は、今回ご紹介した場所とは設定する箇所が異なります。
      詳細については、「HTMLやCSSでフォームページをカスタマイズする方法」を参考にしてください。

  7. 以上が、フォームページにコンバージョンタグを入れるための作業です。

 

HTMLやCSSでフォームページをカスタマイズする方法

HTMLやCSSでフォームページをカスタマイズする方法についてご説明いたします。
  1. フォーム一覧の画面が表示されますので、設定を行いたいフォームのタイトルをクリックしてください。
  2. フォームの編集画面が表示されますので、「ページ」ボタンをクリックしてください。
    1. メルマガと連携して配信する場合

    2. メルマガと連携しないで配信する場合

  3. フォームの編集画面が表示されますので、ページタイプの「HTML個別設定」をクリックしてください。
  4. 画面表示が切り替わりますので、「HTMLタグ」の欄に設定したいタグを入力します。
    1. 入力ページをオリジナルにする場合は、「HTMLタグ発行」からフォームタグをコピーし、そのタグをもとにオリジナルタグを組むようにお願いいたします。
  5. フォームタグ欄の「HTMLタグ発行」ボタンをクリックしてください。
  6. HTMLフォームタグ発行画面表示が表示されますので、「コピーする」ボタンをクリックしてください。
  7. 「HTMLタグ」欄にコピーしたタグを貼り付けてからお好きな設定変更作業を行ってください。
  8. 設定作業が完了しましたら、「設定する」ボタンをクリックしてください。
  9. 設定が完了したことを示す画面が表示されます。
    1. 入力ページで、HTML個別設定を使用した場合は、「サポート対象外」となります。
      HTML個別設定を利用して、読者登録ができない場合は、一旦「標準ページ」に戻して、実際に読者登録できるかをご確認ください。
      問題なく読者登録が出来る場合は、オリジナルタグに問題があると判断できます。
      その場合はサイト作成の分野になるため、サポート対象外となります。
    2. 登録完了ページをオリジナルのページにする場合の、コンバージョンタグ設置について
      コンバーションタグを含めたオリジナルページのタグを入力して、設定を完了させてください。
  10. 以上が、HTMLやCSSでフォームページをカスタマイズするための手順です。

 

フォーム入力後に外部ページへ転送設定をする方法

フォーム入力後に、外部ページへ転送(転送指定したページを表示)することが可能です。
「登録完了ページ」「登録解除ページ」「エラーページ」の3種類において転送設定ができますので、各ページの用途に合せて転送設定をご活用ください。
  1. フォーム一覧の画面が表示されますので、設定を行いたいフォームのタイトルをクリックしてください。
  2. フォームの編集画面が表示されますので、「ページ」ボタンをクリックしてください。
    1. メルマガと連携して配信する場合

    2. メルマガと連携しないで配信する場合

  3. フォームの編集画面が表示されますので、ページタイプの「外部ページへ転送」をクリックしてください。
  4. 画面表示が切り替わりますので、「転送先URL」の欄に設定したいURLを入力してください。
  5. 入力作業が完了しましたら、「設定する」ボタンをクリックしてください。
  6. 設定が完了したことを示す画面が表示されますので、「フォームURL」から実際に情報を入力して正しく転送表示されるかのご確認をおこなってください。

  7. 以上が、フォーム入力後に外部ページへ転送設定をするための手順です。