いつの間にか読者解除がされている

意図しない読者解除がおこなわれる原因

1つの登録口から複数のメルマガに読者登録をおこなった場合、
そのうちのどれか1つで読者解除をおこなうと
「同じ登録口の全メルマガ」から読者解除がおこなわれます。

複数のメルマガへ登録する方法は、以下のものがございます。

1つのフォームを複数のメルマガと連携し登録
ステップメールの「メルマガ登録」機能で別メルマガへ登録
「読者コピー」で別メルマガへ登録

以下のような配信者側での読者解除の場合、該当メルマガのみの解除となります。
同じ登録口の別メルマガからは配信が継続されますので、ご注意ください。

・各メルマガの「読者解除」からの解除
・ステップメールの「メルマガ解除」からの解除

この仕様の目的は「メール到達率の維持」です。

読者様の意志でメルマガから解除をおこなったのに
別メルマガから配信が続いておりますと、

「なぜ、メルマガからの読者解除をおこなったのに
まだ同じ発行者からメルマガが届くのか?」

といった状態になり、読者様側で以下の対応をされます。

・迷惑メール通報
・迷惑メールフォルダへの振り分け設定

このようなネガティブ判定を受けると到達率が低下するため、
登録口が同じ場合には、連動解除される仕様となっております。

 

ケース1

「登録フォームα」を作成し、登録先を「メルマガA」「メルマガB」に設定。

「登録フォームα」から読者登録があった場合「メルマガA」「メルマガB」へ読者登録されます。

その後「メルマガA」「メルマガB」のどちらからの読者解除でも、
両方のメルマガから解除されます。

 

ケース2

「登録フォームβ」を作成し、登録先を「メルマガC」に設定。

かつ「メルマガC」のステップメールにて、
メルマガ登録機能を利用し「メルマガD」への登録設定。

「登録フォームβ」から読者登録があった場合「メルマガC」へ読者登録されます。

「メルマガC」で組んだステップメールが配信されると、
メルマガ登録機能により「メルマガD」へも登録がおこなわれます。

その後「メルマガC」「メルマガD」のどちらからの読者解除でも、
両方のメルマガから解除されます。

 

ケース3

管理者登録により、「メルマガE」に登録。

かつ「メルマガE」のステップメールにて、
メルマガ登録機能を利用し「メルマガF」への登録設定。


配信者側での操作により「メルマガE」へ読者登録されます。

「メルマガE」で組んだステップメールが配信されると、
メルマガ登録機能により「メルマガF」へも登録がおこなわれます。

その後「メルマガE」「メルマガF」のどちらからの読者解除でも、
両方のメルマガから解除されます。

 

ケース4

「メルマガG」の読者リストから、リストコピー機能で「メルマガH」を選択し読者登録。

「メルマガG」からの読者リストコピーにより、「メルマガH」へ登録されます。

その後「メルマガG」「メルマガH」のどちらからの読者解除でも、
両方のメルマガから解除されます