【重要】送信者メールアドレスについて

「送信者メールアドレス」は、メール到達率を大きく左右する要因となります。

送信者メールアドレスには、3種類の設定をおこなえます。

・エキスパ専用メールアドレス :専用ドメインのため一番到達率が高いです。
・自己所有のメールアドレス  :これまでの配信実績による評価が影響します。
・エキスパ共有メールアドレス :共有ドメインのため、他者配信の影響を受けます。

ご自身の状況に合わせて、送信者メールアドレス設定をおこなってください。

新規でエキスパをご契約の場合、メール配信タブをクリックした時点で、
送信者メールアドレスの設定画面へ進み、 いずれかのメールアドレスで設定が完了しております。

このマニュアルは、
・送信者メールアドレスを変更する場合
・メルマガごとで送信者メールアドレスをわける場合
など、新たに送信者メールアドレスを設定する場合にご活用ください。

到達率についてこちらの動画をご覧ください。

※こちらの動画では到達率をあげるための方法について、解説しております。

事前知識として

1.「共有ドメイン」「専用ドメイン」では、到達率に違いがあります。

共有ドメイン ひとつのドメインを複数のユーザーで活用。
そのため、他者の配信内容や状況によって、到達率の変動がある。
専用ドメイン ひとつのドメインを、一人で活用。
他者の配信状況の影響なく、高い到達率を維持できる。


2.「フリーアドレス(Yahoo、gmailなど)」「携帯アドレス」を、送信者メールアドレスに設定すると、

  迷惑判定を受け、到達率が著しく低下します。

上記2つのメールアドレスの設定はせず、このマニュアルで紹介している、いずれかのメールアドレスを
送信者メールアドレスに設定をしてください。

専用ドメインのメールアドレスを利用する

一番到達率が高いメールアドレスです。
エキスパで提供する専用ドメインのメールアドレスがご利用頂けます。

SPF・DKIM設定を施しているドメインを「あなた専用」で使用できるため、
他者の配信状況の影響なく、高い到達率を維持できます。

⇒ 専用ドメインのメールアドレスを利用する

自己所有のメールアドレスを利用する

他社メール配信システムからの移行などで、「すでに配信実績のある送信者メールアドレス」を
お持ちの場合、 こちらの設定手順にしたがって作業をお進めください。

お客様が所有するドメインのメールアドレスを利用するには、SPF・DKIM設定が必要です。
カスタマーサポートが設定を代行しますので、申請をお願いします。

⇒ 自己所有のメールアドレスを利用する

共有ドメインのメールアドレスを利用する

エキスパで提供する共有ドメインのメールアドレスです。

SPF・DKIM設定は施していますが、
複数人のユーザーで、同じドメインを使用するため、到達率が低いことをご理解の上、ご利用ください。

共有ドメインのメールアドレスは2つパターンがあります。
どちらも到達率に差はありません。

⇒ 既定メールアドレスを利用する
⇒ 共有ドメインのメールアドレスを利用する