エラーアドレス管理

配信したメールがエラーとして返ってきた際に、エラーアドレスとして記録されます。
記録は、エラーアドレス管理画面で確認ができます。

 

エラーアドレスは、2種類に分かれます。
・不在アドレス
・その他エラーアドレス

不在アドレスエラーを受け取ると、そのアドレスは配信対象から外され、次の配信はおこなわれません。
その他エラーは、一時的なエラーとして判断しているため、引き続き配信対象となります。

その他エラー理由は表記されませんが、以下の理由があります。
・受信拒否
・一時エラー
・メールサイズ超過
・メールボックス容量超過

エラーアドレスの確認手順

  1. メール配信画面の「エラーアドレス管理」をクリックします。
  2.  エラーアドレスリストが確認できます。
    1. ※1 リスト数が多い場合、検索することもできます。
      ※2 「詳細」をクリックすると、そのアドレスの詳細を確認できます。
  3. 以上が、エラーアドレスの確認手順です。