エラーアドレスを読者リストに復旧できますか?

システム上で「不在エラーアドレス」と判定されたアドレスは、
自動的に読者リストから外れ、メールの配信対象外となります。

エラーアドレスの詳細につきましては、
以下のマニュアルをご確認ください。
→ 「エラーアドレス管理

エラーリストからの読者リストに戻す方法

エラーリストに振り分けられたアドレスを読者リストに戻す場合、
弊社で対応することが可能です。

復旧される際は、お問い合せフォームよりご連絡ください。

お問い合せフォームよりご連絡いただく際は、
以下の情報を記載してください。

・復旧したいアドレス
・注意事項に同意している旨

エラーアドレス復旧の注意事項は、下記をご確認ください。
 
※注意1※
復旧したエラーアドレスに、
配信条件を満たすメールがすべて配信されます。

※注意2※
エラーアドレスの復旧処理は、
「1つのアドレス」につき、「1回のみ」となっております。

該当アドレスが再エラーとなった場合には、
復旧の処理を承ることができかねます。

 

エラーアドレス復旧後に再エラーとなる

エラーアドレスの判定は、受信サーバー側の返答コードを元におこないます。

そのため、受信サーバーの仕様によっては、
送受信が可能なアドレスでも「不在エラーアドレス」のコードが返ってくるため、
アドレス復旧後に再エラーとなることがあります。

エラーアドレスの復旧は「1アドレス」につき「1回のみ」となっておりますので、
再エラーとなった読者様には、登録アドレスの変更を依頼してください。
アドレス変更フォームの作成

 

hotmail系・icloud系・キャリアアドレスは、メールが届きづらくなっています。

アドレスの変更を依頼する際には、「Gmail」「Yahoo!メール」の登録を依頼してください。
到達率を100%にすることは困難です