短縮URLの有効期限設定

メール本文内に記載した短縮URLに有効期限を設定することができます。
 
・配信日時からの、時間内の公開
・配信日時からの、日時指定内の公開
 
URLの有効期限を設定することで、クリック率の向上が期待できます。

短縮URLの有効期限の設定方法

  1. メール作成時の本文にURLを記載し、「次へ」をクリックしてください。
  2. 「短縮URL 有効期限一括設定」をクリックしてください。
  3. 有効期限を設定し「適用」をクリックしてください。
    1. ※1 
      配信日時から、時間内の公開

      配信日時を起算とし、何時間 公開するを設定できます。

      例)配信日時 1/1 18:00 
        短縮URL有効期限 24時間  

      ⇒ 1/2 18:00に短縮URLのリンクが切れます。

      ※2 
      配信日時から、日時指定の公開

      配信日時を起算とし、何日後の何時まで公開するかを設定できます。

      例)配信日時 1/1 18:00
        短縮URL有効期限 7日後の18時まで

      ⇒ 1/8 18:00に短縮URLのリンクが切れます。

    2. 「※1 配信日時から、時間内の公開」での設定での注意点

      配信先のリストが多い場合、配信日時から、実際に読者に届くまでタイムラグが発生します。
      その点を考慮したうえでの設定、また本文の構成をお考えください。

  4. URLの有効期限設定がされていることを確認し「次へ」をクリックしてください。
  5. 設定内容を確認し「作成する」をクリックしてください。
  6. 以上が、短縮URLの有効期限の設定方法です。