短縮URL(読者情報変更機能)

読者情報の変更機能とは、読者様がメール文中の短縮URLをクリックした際、
該当読者様の登録情報(自由項目)を自動で変更する機能です。
 
読者様の現状や何にの関心があるかなど、最新の情報を取得できます。
得た情報で絞り込み設定をし、読者様に合ったメールを配信することも可能です。

短縮URLの読者情報変更の設定方法

  1. メール作成時の本文にURLを記載し、「次へ」をクリックしてください。
  2. 「短縮URL 一括設定」をクリックしてください。
  3. 短縮URLをクリックした際の変更情報を設定し「適用」をクリックしてください。
    項目変更の選択 短縮URLのクリック後、情報を変更する自由項目を選択してください。
    変更値 短縮URLのクリック後、該当項目に登録される情報を入力してください。
    グループ設定 複数の短縮URLを活用して、アンケートなどを取る時に使用します。
    詳細は、「短縮URLを利用したアンケートで情報を得る方法」をご確認ください。
  4. 短縮URLに読者情報の変更設定がされていることを確認し「次へ」をクリックしてください。
  5. 設定に誤りがないか確認し「作成する」をクリックしてください。
  6. 短縮URLのクリック後、自由項目の登録情報が変更されます。
    ▼短縮URLのクリック前 「自由項目01:1」

    ▼短縮URLのクリック後 「自由項目01:興味あり」

  7. 以上が、短縮URLの読者情報変更の設定方法です。

 

短縮URLを利用したアンケートで情報を得る方法

アンケートのように選択肢を複数用意し、回答はひとつだけにしたい場合の設定方法をご説明します。
  1. 質問と、質問に対する回答を複数入力し「次へ」をクリックしてください。
  2. 「短縮URL 一括設定」をクリックしてください。
  3. 短縮URLのクリック際の登録情報を設定し「適用」をクリックしてください。
    項目変更の選択 クリック後、どの項目を変更するかを選択します。
    アンケートをするには1つの質問に対して「同じ項目」を指定します。
    変更値

    クリック後、選択した項目に入力される情報を入れます。

    本文に記載した「回答」を簡略化して入力すると、
    絞り込み設定の際にわかりやすくなります。

    グループ設定

    グループ化させるための情報を入れます。

    1つの質問に対し「同じ値」を設定します。
    同じ値を設定することで、1つのグループとして扱われ、
    読者様が最初にクリックした情報が登録されます。

    グループの設定をしないと、
    URLをクリックする度に自由項目の情報が上書きされます。

    グループの値は、数字を利用すると便利です。

    指定した自由項目にすでに情報が入っている場合、情報が上書きされます。
  4. 短縮URLに読者情報の変更設定がされていることを確認し「次へ」をクリックしてください。
  5. 設定に誤りがないか確認し「作成する」をクリックしてください。
  6. 読者様が最初にクリックした短縮URLの情報が登録されます。
    今回はアンケートの回答として
    「2.サイト作成ノウハウ」 の短縮URLをクリックしました。

    短縮URLをクリックすることで、
    該当の自由項目に登録の情報が「変更値」に入力したものに変更されます。

    ▼短縮URLのクリック前 「自由項目01:1」

    ▼短縮URLのクリック後 「自由項目01:サイト作成」

  7. 登録された情報をもとに「絞り込み配信」をすることで、読者様に合った情報を配信できます。
    絞り込み配信の方法については、マニュアルをご確認ください。
    絞り込み設定
  8. 以上が、短縮URLを利用したアンケートで情報を得る方法です。