セミナー設定(購入者操作)

このマニュアルでは、セミナー設定にある「購入者操作」の編集手順をご説明します。
購入者自身が以下操作をできるよう、販売者側で設定ができます。

<購入者操作>
以下の情報を変更できます。
・無料チケットキャンセル(デフォルトで有効。購入者自身でキャンセルできます。)
・銀振り入金前キャンセル(デフォルトで有効。購入者自身でキャンセルできます。)
・日程変更(デフォルトで無効。購入者自身で日程変更はできません。)

・セミナー設定画面の表示手順はこちら → 「セミナー設定
・入金済みの有料チケットについては、購入者自身でキャンセルができます。
 → 「購入者マニュアル:有料チケットのキャンセル方法
・入金済みの有料チケットについて、なにかしらの理由が生じた場合、
 販売者側でもキャンセル処理が可能です。
 → 「販売者マニュアル:有料セミナー申込キャンセル

購入者操作に関する編集

購入者操作はカスタムモードのみ操作が可能です。
  1. 「購入者操作」の設定。

    編集については以下をご確認ください。(クリックでマニュアルが展開します)

    ※1 無料チケットキャンセル
    「無料チケットキャンセル」が有効の場合、無料チケットに限り購入者側からの申込キャンセルが
    可能となります。

    1.「編集」をクリック。

    2.キャンセルの設定後、「保存する」をクリック。

    ※1 チケットキャンセル チケットキャンセルの「有効」「無効」を選択します。
    ※2 キャンセル期限 チケットキャンセルを有効にした場合、キャンセル期限を設定します。

    3.変更内容が反映されたことを確認できます。

    以上が、無料チケットのキャンセル設定手順です。

    ※2 銀振り入金前キャンセル
    「銀振り入金前キャンセル」が有効の場合、有料チケットの銀行振込前に限り、購入者側から
    申込キャンセルが可能となります。

    1.「編集」をクリック。

    2.キャンセルの設定後、「保存する」をクリック。

    ※1 チケットキャンセル チケットキャンセルの「有効」「無効」を選択します。
    ※2 キャンセル期限 チケットキャンセルを有効にした場合、キャンセル期限を設定します。

    3.変更内容が反映されたことを確認できます。

    以上が、銀振り入金前キャンセルの設定手順です。

    ※3 日程変更
    「日程変更」を有効にすると、同一セミナーの別日開催がある場合に限り、購入者側から
    申込日の変更が可能となります。

    1.「編集」をクリック。

    2.日程変更の設定後、「保存する」をクリック。

    ※1 日程変更 日程変更の「有効」「無効」を選択します。
    ※2 変更期限 日程変更を有効にした場合、変更期限を設定します。

    3.変更内容が反映されたことを確認できます。

    以上が、日程変更の設定手順です。

  2. 以上が、購入者操作の設定手順です。
検索ワード / #購入者セミナーキャンセル許可 #参加者セミナーキャンセル許可 #購入者チケットキャンセル許可 #参加者チケットキャンセル許可 #購入者セミナーチケットキャンセル許可 #参加者セミナーチケットキャンセル許可 #セミナー振込前キャンセル許可 #セミナー日にち変更許可 #セミナー参加日変更許可