顧客データベース作成 / 一覧の確認

顧客データベースとは、読者リスト / セグメント / フォーム を管理できる作業スペースです。
商品のプロモーションごとや、事業ごとで顧客DBを作成すると管理がしやすくなります。

このマニュアルでは、顧客DBの新規作成手順について解説いたします。 

顧客データベース内で、「読者」「セグメント」「フォーム」の管理が可能となります。
イメージはこちらをご確認ください → トリプル配信の概要

顧客データベース一覧の表示手順

  1. 「トリプル配信」をクリック。トリプルトップ画面
  2. 顧客データベース一覧が表示されます。
    ※1 一覧表示切り替え 配信データベース:任意で作成した顧客DBの一覧が表示されます。
    連携データベース:登録商品の購入者用顧客DB、登録セミナーの参加者用顧客DBの一覧が表示されます。
    ※2 顧客DB新規作成 顧客DBを新規作成できます。上下どちらのボタンからも作成可能です。
    ※3 日別配信数 「ON」にすると、各種配信数、読者登録増減が表示されます。
    ※4 顧客DB名

    顧客DBの操作画面へ入ることができます。

    ※5 読者数

    この顧客DBに登録のある「読者数」が表示されます。

    ※6 セグメント数

    この顧客DBに作成済みの「セグメント数」が表示されます。

    ※6 操作

    読者リスト
    顧客データベースに登録のある読者の確認と検索がおこなえます。
    → 「読者リスト(検索)

    登録・削除
    読者の登録・削除を行えます。また登録履歴も確認ができます。
    → 「読者登録・更新 / 登録履歴

    増減履歴
    年月日で表示を切り替えて、読者増減の確認がおこなえます。
    → 「読者増減


    セグメント一覧

    作成済みのセグメントが一覧で表示されます。
     → 「新規セグメント作成 / セグメント一覧

  3. 以上が、顧客データベース一覧の表示手順です。

顧客データベースの新規作成

  1. 「顧客データベースを新規作成する」をクリック。
  2. 基本情報の設定。
    顧客データベース名 顧客データベース名を入力します。
    読者の登録制限

    登録済みのメールアドレス・携帯番号の読者登録を、重複登録の許可をするかの設定です。
    この設定は顧客データベース、および、フォームに影響します。

    1人1登録まで
    フォームの設定に関係なく、重複登録がおこなわれません。

    制限なし
    フォームの設定が「1人1登録」の場合、
    そのフォームでは重複登録がおこなわれません。

    顧客DBドメイン

    「専用ドメイン」で設定をおこなってください。
    共有ドメインで設定すると、他者の影響を受ける場合があります。

    ドメインの取得についてはこちら → 「ドメインの追加

  3. 顧客データベース一覧に、作成された顧客データベースが表示されます。
  4. 以上が、顧客データベースの新規作成手順です。
検索ワード / #顧客データベースの作成 #顧客データベース新規作成 #顧客データベース確認 #顧客データベース一覧確認 #顧客データベースユーザー数確認 #ユーザー登録数確認 #ユーザー削除数確認 #顧客データベース顧客数確認 #読者登録数確認 #読者削除数確認 #配信数確認 #配信停止数確認 #顧客DB