メール配信方法

メールの一括配信について解説いたします。

メールには「一括配信」と「ステップ配信」の2種類がありますが、
スタートガイドでは「一括配信」の作成手順について解説します。

一括配信とは?
すでに登録済みの読者様へ、設定した日時で一括で配信をする機能です。

・メール配信は、顧客データベースに登録されている全読者向け、または顧客データベース内にある
 各セグメントごとに行うことができます。

・サンプルとして、「フォーム」「セグメント」 が、すでに作成されています。
 各サンプルは、実際に編集して使用が可能です。お試しください。

一括配信の新規作成

  1. 「トリプル配信」をクリック。トリプルトップ画面
  2. 該当の顧客データベース名をクリック。
  3. 「一括配信」をクリック。

    顧客データベースの全読者へ配信したい場合

    「全読者一括配信」をクリック。

    各セグメントに登録されている読者へ配信したい場合

    1.配信したいセグメント名をクリック。
    2.「一括配信」をクリック。

  4. 「新規配信」をクリック。
    ここでは「全読者一括配信」の画面で進めますが、各セグメントからの一括配信についても流れは同じです。
  5. 作成するメールの種類を選択。ここでは「テキストメール」を選択します。
  6. 配信条件を設定し、「次へ(入力)」をクリック。
    ※1 配信日時 すぐに配信するか、日時を予約して配信するかを選択します。
    ※2 配信先絞り込み 配信先を絞り込むことができます。詳細はこちら → 「配信先絞り込み
    ※3 重複読者への配信 重複している読者がいる場合、重複数分配信するか、1通のみ配信するかを選択。
    読者数が多い顧客データベースで重複制限を実施すると、人数の計算に少し時間がかかります。
    ※4 重複アドレス処理 1通のみ配信する場合、新しい方のアドレスに配信するか、古い方のアドレスに配信するかを選択。
    ※5 配信条件 「保存する」にチェックを入れると、配信先絞り込みの「配信条件選択」から
    選択できるようになります。
    ※6 配信対象者 「表示」をクリックすると、配信対象者が表示されます。
  7. メールの件名、本文を入力。
    ※1 設定方法 前もって保存してある保存メッセージを使用する場合は、「保存メッセージ」を選択し、
    ドロップダウンより使用したい保存メッセージをクリックしてください。
    保存メッセージについてはこちら → 「保存メッセージ
    ※2 置換文字 詳細はこちら → 「置換文字(取得情報 / 日付)
    ※3 配信ページ エディタで作成したページを、置換文字としてメッセージ内に挿入できます。
    詳細はこちら → 「配信ページ
    ※4 読者専用サイト 既存読者の「情報収集/変更」や「タグの追加/変更」ができます。
    詳細はこちら → 「読者専用サイト
    ※5 セミナー 作成したセミナーを、置換文字としてメッセージ内に挿入できます。
    詳細はこちら → 「セミナー機能(LINEセミナー)
    ※6 下書き保存して終了 作成途中の状態で保存することができます。
    一覧では、「下書き」として保存されていることを確認できます。
  8. 配信停止の置換文字を本文へ挿入。

    顧客データベースの全読者へ配信する場合

    「読者削除URL」を必ず設置してください。

    各セグメントに登録されている読者へ配信する場合

    「セグメント配信停止URL」を必ず設置してください。

    置換文字についてはこちら → 「置換文字(取得情報 / 日付 )
    「読者削除URL」は、読者削除となるので、顧客DBおよび、作成済みセグメント、全てからの配信が停止されますのでご注意ください。
    詳細はこちらをご参照ください → 「置換文字(取得情報)
  9. 「次へ(アクション設定)」をクリック。
  10. メッセージを保存する場合は「保存する」を選択して設定後、「次へ(確認)」をクリック。
    ・ここで作成したメッセージを、保存メッセージとして保存する場合は「保存する」を選択します。
     グループ分けする場合はグループを選択と、メッセージタイトルを付けてください。
     ・グループは前もって作成しておく必要があります。
      → 「保存メッセージグループ作成 / 編集
     ・タイトルは分かりやすい名前を付けてください。

    ・アクション設定については以下をご参照ください。

    ※1 一括設定 URLが複数ある場合、クリック設定を一括でできます。
    ただし、一括でできる設定は限られているため、最初に一括でできる設定を行い、
    次に各URLで詳細の設定を行うとスムーズに作業が進みます。
    詳細はこちら → 「クリックアクション
    ※2 クリックアクション URLごとに設定ができます。
    クリックアクションとは、 読者が指定の箇所をクリックした時に、
    自動で実行されるアクションを設定できる機能です。
    詳細はこちら → 「クリックアクション
    ※3 配信アクション 配信アクションとは、 指定の配信が行われた時に自動で実行されるアクションを
    設定できる機能です。
    詳細はこちら → 「配信アクション
  11. 内容を確認し、「作成する」をクリック。
  12. 配信一覧に履歴が表示されます。
    予約した配信日時になるとメールが配信されます。
  13. 以上が、一括配信の新規作成手順です。
検索ワード / #新規メール配信 #トリプル新規配信作成 #トリプル配信作成 #トリプル配信新規作成 #新規メール作成 #トリプル新規一括配信作成 #トリプル一括配信作成