HTMLエディタ(ステップ配信)

Eメールには以下の種類があります。

・テキストメール:テキストのみのメールです。
・HTMLメール:メール内に画像の挿入や文字の装飾ができます。
 HTMLエディタを使用すると、直感的にHTMLメールを作成することが可能です。

このページでは、HTMLエディタでステップ配信を作成する手順について解説いたします。

HTMLエディタで新規配信を作成する場合は以下をご確認ください。
→ 「HTMLエディタ(一括配信)
既に読者や購入者がいる状態でステップメールを追加する際は、下記をご確認ください。
→ 「【重要】ステップメール追加時の注意点(トリプル配信)

HTMLエディタでステップ配信を作成

  1. 「トリプル配信」をクリック。トリプルトップ画面
  2. メール配信をしたいセグメントの顧客データベース名をクリック。
  3. メールを配信したいセグメント名をクリック。
  4. 「ステップ配信」をクリック。
  5. 「新規配信」をクリック。
  6. 「HTMLエディタ」を選択。
  7. 条件を設定し、「次へ(入力)」をクリック。
    ※1 配信状態(必須) このステップを配信するかを選択してください。
    ※2 ステップ名(必須) 管理しやすい名前をつけてください。 ※公開されません。
    ※3 メモ メモ書きに利用してください。 ※公開されません。
    ※4 配信基準(必須) 配信の基準にしたい項目にチェックをしてください。
    「他ステップ配信」を選択した場合は、ドロップダウンより作成済みのステップが表示されますので、
    どのステップを配信基準にするか選択してください。
    ※5
    配信タイミング(必須)
    登録日時を起算として配信されます。
    ※4、※5 の詳細はこちら → 「ステップの配信条件について
    ※6
    配信先絞り込み(必須)
    配信先を絞り込むことができます。詳細はこちら → 「配信先絞り込み
  8. メールの件名を入力し、「HTMLメール編集」をクリック。
  9. HTMLエディタが開きます。メールテンプレを選択して挿入し、内容を編集。
    ※1 基本テンプレート もとから用意されているテンプレートです。
    ※2 Myテンプレート 自分で作成したテンプレートです。
    テンプレートの作成についてはこちら → 「HTMLメールテンプレート
    ・HTMLエディタの操作方法については以下をご参照ください。
     → 「HTMLメール – 操作マニュアル
    ・既存のメールテンプレは使用せず、「セクションを追加」から複数のセクションを
     追加して、1からメールを作成することもできます。
    ・あらたに作成したメールを、メールテンプレとして保存することもできます。・「セクションを追加」をクリックすると、その後メールテンプレの選択画面は表示
     されません。再度メールテンプレを使用したい場合は、以下の方法をお試しください。

    ※1 タブを閉じる ブラウザのタブを閉じ、再度エキスパの画面からやり直して
    ください。エディタで編集した内容は保存されません。
    ※2 終了 セクションを追加した状態で「終了」すると、その状態がメールへ
    反映されます。再度「HTML編集」ボタンからエディタへ
    お入りください。
    ※3 戻る 「戻る」ボタンで、メールテンプレの画面まで戻れる場合もあります。
    現在編集中の内容は保存されません。
    「配信停止ページURL」は必ず設置してください。
    「テキストパーツを選択すると、操作パネルに置き換え文字一覧が表示されます。
    クリックをすると、テキストパーツのカーソル位置へ置換文字コードが挿入されます。

    ・置換文字についてはこちらをご確認ください → 「置換文字とは?
    ・HTMLエディタの画面構成はこちら → 「HTMLメールエディタ画面の構成

  10. エディタでメールを作成後、「終了」をクリック。
  11. メール本文に作成したメールの内容が表示されます。
  12. 任意でメール本文(テキスト)、添付ファイルを設定し「次へ」をクリック。
    メール本文(テキスト)について
    受信側の環境により、HTMLが表示されない場合、(テキスト)の内容が表示されます。
    ※こちらにも、「配信停止ページURL」は必ず設置してください。
  13. 入力内容を確認し、「次へ(確認)」をクリック。
    ※1 一括設定 URLが複数ある場合、クリック設定を一括でできます。
    ただし、一括でできる設定は限られているため、最初に一括でできる設定を行い、
    次に各URLで詳細の設定を行うとスムーズに作業が進みます。
    詳細はこちら → 「クリックアクション
    ※2 クリックアクション URLごとに設定ができます。
    クリックアクションとは、 読者が指定の箇所をクリックした時に、
    自動で実行されるアクションを設定できる機能です。
    詳細はこちら → 「クリックアクション
    ※3 配信アクション 配信アクションとは、 指定の配信が行われた時に自動で実行されるアクションを
    設定できる機能です。
    詳細はこちら → 「配信アクション
  14. 内容を確認し、「作成する」をクリック。
    ※ 受信側の「本文の見え方」を確認したい場合は、テスト配信をおこなってください。
  15. ステップ一覧への追加を確認できます。
  16. 以上が、HTMLエディタでステップを作成する手順です。
検索ワード / #HTMLエディタ作成 #HTMLエディタステップ配信 #HTMLエディタ使い方 #HTMLエディタステップ作成 #HTMLエディタメール配信