LINEリッチメニュー概要 / アクションの種類

リッチメニューは、トーク画面下部(キーボードエリア)に、固定で表示されるメニュー機能です。
固定で表示されるので、メッセージ配信が続いても見落とすことがなく、
LINEトーク画面をサイトのように扱うことが可能です。

このページでは、LINEのリッチメニューのアクションの種類について解説いたします。

このマニュアルでは、アクション種類の概要説明のみとなります。
できるアクションを把握した後に、リッチメニューの画像作成にお進みください。
→ 「使用する画像について

タグの変更

選択したタググループに設定されているタグが表示されます。
ボタンをタップした顧客に、チェックを入れたタグを「つける」、または「はずす」ことができます。

※1 タグ追加 あたらにタグを追加することができます。
「タグ追加」をクリック後、追加したいタグ名を入力し、「新規追加」をクリックします。
※2 つける / はずす タグをつけるかはずすかを選択します。

ステータスタグの変更

選択したステータスタグが表示されます。
ボタンをタップした顧客に、チェックを入れたタグを「つける」、または「はずす」ことができます。

リッチメニュー変更

ボタンをタップすることで、選択したリッチメニューが表示されます。

URL(ブラウザ起動)

ボタンをタップすることで、ブラウザが起動し設定したURLページが表示されます。

電話番号(電話をかける)

ボタンをタップすることで、電話をかけることができます。

LINEセミナー

ボタンをタップすることで、ブラウザが起動しセミナー画面が表示されます。

検索ワード / #LINEリッチメニューとは #LINEリッチアクション種類 #LINEリッチアクションパターン