顧客登録・更新 / 登録履歴

管理者側で顧客を登録する手順について解説いたします。
また、既存の顧客情報を一括で更新できます。

顧客の登録手順

  1. 「トリプル配信」をクリック。トリプルトップ画面
  2. 顧客登録をおこないたい顧客DBの「登録・削除」をクリック。
    顧客データベース内に入り、マガジン一覧画面からも移動できます。
  3. 顧客登録画面で、「新規登録」をクリック。
  4. 登録方法が表示されます。
    メールアドレス登録 メールアドレスで登録できます。 ※複数登録可
    → 「メールアドレス登録
    電話番号登録 携帯番号で登録できます。 ※複数登録可
    → 「電話番号登録
    個別登録 1顧客ずつ、テキストボックスへの入力で、詳細情報を含めて登録できます。
    → 「個別登録
    CSV一括登録 新規顧客リストを、CSVファイルをアップロードして、一括で登録ができます。
    → 「CSV一括登録
    CSV一括更新 既存顧客情報を、CSVファイルをアップロードして、一括で更新ができます。
    → 「CSV一括更新
  5. このあとは、それぞれの登録手順をご確認ください。

 メールアドレス登録


・メールアドレスのみを登録する方法です。
・複数リストの一括登録も可能です。
  1. 登録したいアドレスを入力し、「次へ(確認する)」をクリック。
    ・複数入力の場合、1リストごとに改行してください。
    ・登録メモは、管理用として自由にメモを残すことができます。
  2. 登録したいマガジンがある場合はチェック。
    ※1 登録マガジン チェックを入れたマガジンの読者になります。
    ※2 追加されるタグ チェックを入れたマガジンの読者になることで追加される
    タグが表示されます。
  3. タグを追加したい場合は、「タグ設定」にチェックを入れ、「タグ条件選択」をクリック。
  4. ドロップダウンからタググループを選択し、設定したいタグにチェックを入れてください。
    その後、「次へ(確認する)」をクリック。

    ※1 タグの新規保存 選択したタググループに使用したいタグがない場合、
    「+」ボタンからタグの作成ができます。 → 「タグの作成
    ※2 条件追加 タグを複数設定できます。
    ※3 登録マガジン タグ設定により登録されるマガジンが反映されます。
  5. 内容を確認し、「登録する」をクリック。
  6. 登録情報画面が表示されます。はじめは「登録準備中」となります。
  7. キーボード「F5」で更新をかけると、ステータスが変更されます。
  8. 以上が、メールアドレスの登録手順です。

 電話番号登録


・電話番号のみを登録する方法です。
・複数リストの一括登録も可能です。
  1. 登録したい電話番号を入力し、「次へ(確認する)」をクリック。
    ・複数入力の場合、1リストごとに改行してください。
    ・登録メモは、管理用として自由にメモを残すことができます。
  2. 登録したいマガジンがある場合はチェック。
    ※1 登録マガジン チェックを入れたマガジンの読者になります。
    ※2 追加されるタグ チェックを入れたマガジンの読者になることで追加される
    タグが表示されます。
  3. タグを追加したい場合は、「タグ設定」にチェックを入れ、「タグ条件選択」をクリック。
  4. ドロップダウンからタググループを選択し、設定したいタグにチェックを入れてください。
    その後、「次へ(確認する)」をクリック。

    ※1 タグの新規保存 選択したタググループに使用したいタグがない場合、
    「+」ボタンからタグの作成ができます。 → 「タグの作成
    ※2 条件追加 タグを複数設定できます。
    ※3 登録マガジン タグ設定により登録されるマガジンが反映されます。
  5. 内容を確認し、「登録する」をクリック。
  6. 登録情報画面が表示されます。はじめは「登録準備中」となります。
  7. キーボード「F5」で更新をかけると、ステータスが変更されます。
  8. 以上が、電話番号の登録手順です。

 個別登録


1顧客ごとに情報を入力して登録する方法です。
  1. 情報を入力し、「次へ(確認する)」をクリック。
    ※1 LINE配信テスト設定 LINEの配信テストをするアカウントの場合は、「LINEテスト配信の
    対象アカウントにする」にチェックをいれてください。
  2. 登録したいマガジンがある場合はチェック。
    ※1 登録マガジン チェックを入れたマガジンの読者になります。
    ※2 追加されるタグ チェックを入れたマガジンの読者になることで追加される
    タグが表示されます。
  3. タグを追加したい場合は、「タグ設定」にチェックを入れ、「タグ条件選択」をクリック。
  4. ドロップダウンからタググループを選択し、設定したいタグにチェックを入れてください。
    その後、「次へ(確認する)」をクリック。

    ※1 タグの新規保存 選択したタググループに使用したいタグがない場合、
    「+」ボタンからタグの作成ができます。 → 「タグの作成
    ※2 条件追加 タグを複数設定できます。
    ※3 登録マガジン タグ設定により登録されるマガジンが反映されます。
  5. 内容を確認し、「登録する」をクリック。
  6. 登録情報画面が表示されます。はじめは「登録準備中」となります。
  7. キーボード「F5」で更新をかけると、ステータスが変更されます。
  8. 以上が、個別登録の手順です。

 CSV一括登録


・CSVファイルをアップロードすることで顧客情報を登録できます。
・アップロードするCSVファイルは形式が決まっているため、はじめてご利用される場合は
 「ダウンロード」をクリックしてテンプレートファイルを取得してください。
  1. CSVファイルの作成。 (今回は例として、「メールアドレス」「タグ」を入力します。)
    CSVファイルの必要箇所のセルにデータを入力し、保存します。
    <住所の番地入力について>
    番地を「1-2-3」のように入力し取り込むと、エクセルの自動変換で日付と認識され
    「2001/2/3」と登録される場合がありますのでご注意ください。

    ※CSVからデータ取り込み後、「顧客リスト(詳細) – 基本情報の編集」で
     修正が必要です。

    <携帯番号・電話番号・FAX番号の入力について>
    間にハイフン(-)を入れて入力してください。

    <タグについて>
    個別にタグを入力したい場合は、CSVで入力をおこなってください。
    その際は、作成済みのタグ名を 一語一句 正しく入力してください。
    「タグ管理」の編集から、タグ名をコピーすると確実です。
    → 「タグ管理 – 各種編集

  2. 「アップロード」をクリックし、CSVファイルを選択。
    その後、「次へ(確認する)」をクリック。
  3. 登録したいマガジンがある場合はチェック。
    ※1 登録マガジン チェックを入れたマガジンの読者になります。
    ※2 追加されるタグ チェックを入れたマガジンの読者になることで追加される
    タグが表示されます。
  4. タグを追加したい場合は、「タグ設定」にチェックを入れ、「タグ条件選択」をクリック。
  5. ドロップダウンからタググループを選択し、設定したいタグにチェックを入れてください。
    その後、「次へ(確認する)」をクリック。

    ※1 タグの新規保存 選択したタググループに使用したいタグがない場合、
    「+」ボタンからタグの作成ができます。 → 「タグの作成
    ※2 条件追加 タグを複数設定できます。
    ※3 登録マガジン タグ設定により登録されるマガジンが反映されます。
  6. 内容を確認し、「登録する」をクリック。
  7. 登録情報画面が表示されます。はじめは「登録準備中」となります。
  8. キーボード「F5」で更新をかけると、ステータスが変更されます。
  9. 以上が、CSV一括登録の手順です。

 CSV一括更新


既存顧客の情報を一括で更新できます。手順は以下となります。

1. 既存の顧客一覧をCSVでダウンロード
 ・ダウンロード方法はこちら → 「顧客リスト(一覧)- 顧客一覧の確認
2. 内容を編集
 ・既存顧客一覧からCSVダウンロードしたシートを編集します。
3. アップロード
 ・入力した顧客IDのデータが更新(上書き)される

 

  1. CSVファイルの作成。 (今回は例として、「都道府県」を追加します。 
    ※ アップロードデータに関しての注意事項
    ・一括更新をかけたい顧客だけにして、それ以外の顧客列は削除をしてください。
    ・「顧客ID」が必ず必要です。 IDがない場合は新規登録へ → 「顧客の登録手順
    ・空欄にした項目は、空欄のまま上書きされます。
     (登録日時の情報はそのまま残ります。)
    ・エクセルの変換にご注意ください
     ・携帯番号の、頭の「0」がはずれた状態のままではアップロードができません。
      ハイフンをつけた状態への修正が必要です。 例)090-1234-5678
     ・既存の一覧をダウンロードしたCSVファイルの「番地等」は、エクセルの
      自動変換により日付と認識され「2001/2/3」のように出力された場合、ファイルを
      アップロード後に「顧客リスト(詳細) – 基本情報の編集」で修正が必要です。
  2. あとの手順は、「CSV一括登録」と同じ流れとなります。

顧客登録履歴

顧客を登録した日時や登録方法が一覧で確認できます。
  1. 確認したい顧客DBの「登録・削除」をクリック。
  2. 確認したい登録履歴の「詳細」をクリック。
  3. 登録履歴の詳細を確認できます。
  4. 以上が、顧客の登録履歴を確認する手順です。
検索ワード / #顧客の登録 #顧客登録方法 #顧客登録履歴確認 #顧客登録情報確認 #顧客情報更新 #顧客登録内容更新 #顧客情報変更 #顧客登録内容変更